リフォームJAPAN 会社概要

外壁・屋根のカバー工法 外壁リフォーム 屋根リフォーム 職人にお任せ直接依頼で低価格!

外壁と屋根のリフォーム カバー工法ならリフォームJAPAN
塗装工事するよりカバー工法
お客様の為に一生懸命
外壁カバー工法のお見積りが250万を超えてる方
屋根カバー工法のお見積りが120万を超えてる方
寒い地域だからこそカバー工法
遠方工事もお伺いいたします!
ブログも時より更新
遠方工事もお伺いいたします!
無料屋根診断
外壁WEB見積り
屋根WEB見積り
お客様の声
問い合わせから契約までの流れ
催事のお知らせ

概要

リフォームJAPAN
〒462-0031
名古屋市北区米が瀬町4番地2
電話 052(793)9640
FAX 052(796)1353
HOME >> 寒い地域だからこそカバー工法
寒い地域での凍害を受けた外壁はタイミングが遅れると塗装では復活させる事はほぼ不可能です・・・
仮に塗装をしたとしても長期の安心にはなりません。
繰り返す必要がある塗装工事よりも、凍害に強い金属サイディングのカバー工法
結果的にはランニングコストを軽減出来ます。
※画像はクリックで拡大します。
外壁の塗膜の劣化が始まり少しでも水分を含むようになると
吸い込んだ水分が凍り、外壁が膨張と融解を繰り返しが冬季に
起こり外壁の表面が浮き上がってしまいます。

こちらは富山県の射水市のN様邸ですが海岸も近く塩害もあります。
現地調査の半年後に施工にお伺いしましたが、その半年の間にも
劣化が進みました。
凍害でのサイディング
凍害でのサイディング 良く見て頂くと釘の固定部分が割れております。
釘部分は特に水分が含みやすく凍結しやすいのです。
早い段階で塗装が出来なくこんな症状になってしまったら
もう塗装では難しい状態だと思います。
釘の部分は柱なので柱事態が大変な事になる前にメンテナンスを
早めにしましょう!
この状態では塗装をするには、かなり大変な下地の補修を
してからでないと塗装は不可能です。
また出来たとしても数年後には考えなくてはいけません。
酷い状態であれば部分的な張り替え後に塗装する方法も
ありますが、10年も経てば同じ外壁材は無く・・・
似たものを張っても違和感のある仕上がりになります。
柱が問題なければカバー工法が簡単です。
下地を柱にガッチリ効かせれば引き抜きは問題ないです。
凍害でのサイディング
ガルバリウムの耐久性の高い
外壁材に硬質発泡ポリウレタンは水分の吸収も少ないです。
寒冷地ではとても強い効果を
発揮し、重ね張りをする効果で断熱性の向上も飛躍的にあがります。
凍害からの金属サイディング
金属サイディング カバー工法 重ね貼りの施工例
金属屋根 カバー工法 重ね貼りの施工例

サイディングって?

サイディングとは?このページでのサイディングは
アルミサイディングガルバリウムサイディングの事を言います。この2種類のサイディングは主に リフォームに使う事を主としています。
ただ世間では高額な外壁リフォーム の一つとして知られていて、なかなか手が出しにくいリフォームだと思われがちです。このHPを良くご覧になってお考えください^^

金属屋根って?

金属屋根?金属ルーフって聞いたことはありますか?
日本瓦の場合は瓦降しをしてこの金属屋根で
屋根のリフォームを施工することにより軽量にすると
言う方法と最近のアスベスト問題の カラーベストを上から
カバーする事により、継続した外観と環境に良いとすることが主に良く使われる施工工事方法です。

Copyright ©2006 リフォームJAPAN All Rights Reserved